メインイメージ画像

花粉症対策には1日使い捨てタイプのコンタクトレンズが有効です

花粉症のシーズンになると多くの花粉症の方が何らかの花粉対策を取ります。薬を飲んだり目薬を利用したり、マスクや専用のメガネを着用するという方もいます。コンタクトレンズを使用している方の中にも花粉症の方は当然いるわけですが、マスクや薬だけでなくコンタクトレンズに関しても花粉対策を取ったほうが花粉のシーズンを乗り越えるのには望ましいと言えます。コンタクトレンズ使用者が花粉のシーズンに取れる対策はいくつかありますが、基本的には花粉が目に入ることに対してどうするかを考えることが基本になります。

飛んできた花粉が目に入るとコンタクトレンズにも付着します。1日の使用が終わったら、この付着した花粉を意識して洗い流す必要があります。最初にすすぎを行い、それからこすり洗いをすることをおすすめします。自動車を洗車する際に砂が付いたまま無理にこすって洗おうとすると自動車本体にヤスリがけをするのと同じような効果を与えてしまいますが、花粉の付いたコンタクトレンズでも同じことが起きてしまいます。

ですから最初にしっかりすすいでから洗うようにしましょう。花粉のシーズンはとくに気をつけながら洗うようにし、しっかりケアするようにしましょう。

普段使用しているコンタクトレンズが1日使い捨てタイプ以外だという方は、花粉のシーズンだけ1日使い捨てタイプを使うというのも花粉症対策としては有効です。

1日使い捨てタイプは2週間以上使えるようなタイプと比べて費用はかかりますが、毎日新しいものを装着するため常にクリーンな状態で使用することができてとても清潔です。コンタクトレンズ使用者の花粉症対策の基本は、目に入ってコンタクトレンズに付着した花粉をそのままにしないことです。従って、コンタクトレンズ使用者が取ることのできる花粉対策の中で一番有効なものは、花粉がまったく付着していない新品状態のコンタクトレンズを毎日新しく装着することができる、1日使い捨てタイプに切り替えることとなります。

更新情報